豆柴犬ラブとの日常を記した、ラブの成長記録です。
2013/07
04
page top
座学2013.6.30
先週末、ドッグトレーナーのチャーリーママさんの座学に参加させていただきました。

今日はラブなしで、飼い主のお勉強です。
途中休憩ありで、たっぷり5時間のお話しでしたが、あっという間に過ぎました。

いろいろなお話があってとても文章にはできませんが、、、

座学には、もう何年もママさんのトレーニングを理解している方から、
この日はじめてママさんのお話を聞く方、
まだまだ犬の理解の浅い私など、色々な方が集まっていましたが、
色々な意見が出るのですが、否定されることもなく、とても暖かい空間でした。

お話を聞いて感じたのは、

ラブはもうすぐ3歳。今まで特に大きな病気もなく元気モリモリですが、
これから歳をとっていく成長過程で、
いろいろな事が起きても、飼い主が受け入れられるように心構えが必要だなぁ。。。と、思いました。

そんな中のひとつとして、たとえば食べ物。
年をとって、今食べている物(ラブはドッグフードです)が食べられなくなる時が
くるかもしれない。。そんな時の為に、食べ物でも好きな物、食べられる物を増やしてあげたい。

美味しいものが増えるって幸せですものね。



そして、犬の欲求階層のお話がありました。

まず、『生命の安全』を満たしてあげる事!これが根底だそうです。
これは飼い主から見ると、安全だと思っていても、犬から見たら。。。?

『犬が安全を感じるようでないといけない。安全を満たしてあげること。』

うーーーん、私はラブに安全を満たしてあげられているだろうか、、、
まだまだだなぁ、と反省。
ラブが危険を感じないように、日々の行動を改めて考え直してみようと思いました。

*********

ほかにもたくさんお話が聞けました。
もっともっとお話しを聞いていたいなぁ、と思った座学でした。
チャーリーママさん、ご一緒した皆様、
ありがとうございました!


1307032.jpg
ラブが命の危険を感じずに、幸せな犬生を送れますように!


スポンサーサイト
© 豆柴ラブと一緒に. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG