豆柴犬ラブとの日常を記した、ラブの成長記録です。
2012/04
05
page top
情けない2度目の拾い喰い
週明けの月曜日、またまた大事件を起こしてしまいました。

以前大反省した拾い喰い を、なんとまたしても
させてしまいました。。。。どんより。

植木についた匂いを嗅いでいると思っていたら、
はっ!見た瞬間に何か咥えた!え?鶏の骨だ!

その骨をラブの口から奪うと同時にガリッ。
どのくらい食べられたかわかりませんが、口から取り出せなかった分を
食べられてしまいました。

植え込みに落ちている木の枝だと思っていたら、それが鶏の骨でした。

はぁ、なんとも情けない私。
落ち込みつつ家に帰り、とりあえず残りの骨のかけらを持って病院へ。

すぐにレントゲンを撮りましたが、骨はうつらず。

先生に状況を詳しく説明し、先生も悩みましたが、
万が一、腸にかけらが入って穴をあけるほうが怖い。との事で吐かせる事に。

嘔吐物を確認すると、爪切りで爪を切った位のサイズの骨らしきものが1個
確認できただけで、あとは見つかりませんでした。

万が一、腸が傷ついた場合は、ウンチの表面が真っ黒に近い感じになるそうです。

数日間、ウンちゃんチェックをしましたが、特に異常なし。
念のため、もう一度病院に行ってウンちゃんチェックと
ラブの触診をしてもらいましたが、恐らく骨はほぼ溶けて、
腸も問題ないでしょう、との事でした。

本当に情けない。飼い主の管理不足でまたラブを辛い目に合わせてしまいました。



拾い喰いをした時に、ツイッターでつぶやいたら、
お散歩トレーニングでお世話になっているチャーリーママさんや、
チャーリー組の方々が、今後の対策方法など、
いろいろアドバイスしていただきました。

そうです!落ち込んでいる場合ではありません。

これからコツコツと拾い喰いさせない練習をしていきます。



もう拾い喰いはさせないよ、ラブちゃんも食べないでね!


ご心配いただいた皆様、アドバイスを頂いた皆様、本当にありがとうございました。

拾い喰い防止の練習は、また近いうちに書きます。
スポンサーサイト
2012/01
20
page top
大反省の拾い喰い
3日前に事件は起きました。

いつものように夕方のお散歩中、ラブに拾い喰いをさせてしまいました。
ラブはお散歩中、匂いかぎ&スキあらば拾い喰いが激しいです。



お散歩の8割を、こうやって掃除機みたいにクンクンしながら歩くラブ

そんな中、あまり落ち葉やゴミが落ちていない道で、
ラブラドールを2頭引きしている飼い主さんと遭遇。

飼い主さんはスルーさせる方なので、こちらもラブが行かないように
少し引き気味で歩いていました。

ワンコが去ったかな~?後ろを確認していたら、
前方に 『白くて丸い感じの何か』 が見えたと同時に
ラブがそれをパクリ。

普段なら、『ぺっぺ!』と言ってだしてもらうのですが、
何かわからない物に反応してしまった私、

とっさに何それ?!ラブ、何?見せて!と、ラブを抱き上げてしまいました。

するとラブはすぐにゴックン。。。。。
(こんな風にしたら、食べちゃうのも当然ですよね。)




・・・・何だったんだろう?



食べた道路付近を見回っても、同じようなものはなく、
キャンディー?と思ったのですが、道路に溶けた感じも残っておらず、、、。

それから、15分程お散歩しながら帰ったのですが、やっぱり気になる。

普段、ゴミが落ちていない場所だっただけに、何かわからないから
余計に気になる。毒だったらどうしよう、、、。

そう思ったら、もう迷ってはいられません。

すぐに動物病院へ。幸い、病院は自宅から徒歩約5分の距離。
先生に事情を話し、念のためレントゲンを撮ったものの、映らず。

飲み込んでから30分位だったので、お薬で吐かせることに。

お薬を飲ませると1分位ですぐに嘔吐。
とっても苦しそうでかわいそうだった。けど、なんとか胃の中の物を
吐きだした模様。

出てきたのは、お散歩中に名前を呼んでオヤツをあげているので、
そのチーズのかけら。と、ドライミミズ、と、ミミズと一緒に食べた枯葉、
あと、チーズとは色の違う白い物が砕けて何個か。

どうやら、飲み込んだのは、この『白い物』に間違いない!

手でつぶすと、何となく粘土のような、粉せっけんを少しの水で固めて丸めたような、
はたまた、ゴキブリダンゴのような。。。

結局何かはわからなかったのですが、とりあえず吐きだせたので、
胃薬と、もし何か変な薬だと肝臓に負担がかかるので、肝臓のお薬を病院でもらい、
帰宅しました。

帰宅して落ち着いてから、ふやかしたフードと温かいミルクを作って
あげると、いつもどうり美味しそうに完食。

少しほっとしたら、ラブに辛い事をさせてしまった自分が情けなくて泣けてきましたが、

泣いている場合ではありません!!!これからの対策を考えないと。

今まで、拾い喰いはダメと思いながら、ミミズはまぁ仕方ないか、、とか、
ガムは噛んでも『ペッペ!』で、だしてくれるようになってきたからなんとか。

とか、考えていた自分がとても甘いな!と反省しました。

やっぱり拾い喰いよりも、飼い主の手からもらうほうが嬉しい!と
わかってもらえるように頑張らなくてはいけません。

とりあえず今回は何事もなく済みましたが、これからのお散歩、本当に気をつけます!
と、大反省した飼い主でした。

ちなみに、今回、ラブは吐かせましたが、物によっては吐かせるのも危険な物も
あるそうなので、何でも吐けば良いわけではありません。

病院の先生がおっしゃったのは。。。
・吐かせるには、飲み込んで3時間が限界(これ以上だと腸に移動してしまう)
・もし、飲み込んだ物の残骸があれば、一緒に持ってくる。(レントゲンを撮る際に、一緒に写して確認)
・やっぱりすぐに病院へ。

との事でした。


その後、ラブの体調は普段と変わらずに好調です。

ご心配していただいた皆様、本当にありがとうございました。
今後はこのような事がないように、十分注意していきます。


20120119.jpg
病院から帰宅し、ご飯を食べたらいつも通りコロンしていたラブ


© 豆柴ラブと一緒に. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG